よくあるお悩み

2019年8月 9日 金曜日

日本人に「認知症」「寝たきり」の方が多い理由!

当院には、介護士の仕事をしていて常に疲労困憊、という方が大勢来院されますcoldsweats02
そういう方々に話を伺うと、「従業員は、限られた人数で仕事を回さなければいけないのに、利用者さんは増える一方で、常に人手不足で、食事すら取る時間もない」というbearingsweat01
勿論、介護が必要な方がいれば、元気な人が全力で支援することは絶対になくてはなりません。
しかし、介護する側も一人の人間ですsign01ロボットではありませんthink
いくら、利用者さんの為とはいえ、食事も休憩も取れず、場合によっては休日出勤も当たり前sign03このような状況が続けば、当然、体は壊れてしまいますbearing
最近、深刻な問題になっている「老老介護」に近いかも知れませんsweat02
ここで、今一度見直さなければいけないのが、なぜ日本は、これ程までに「認知症」や「寝たきり」の方が多いのかsign02
普通に考えると、「歳だから」という方が殆どかも知れませんthink
はたして、本当にそうでしょうか?
世の中には、90歳、100歳になっても、認知症にも寝たきりにもならず、元気に動いている方も少なからずいらっしゃいます。
この違いは、いったい何でしょうか?
勿論、多少の体質の違いも在るかと思いますが、当然、人間歳を取れば歳相応に、筋力、持久力、記憶力、体のあらゆる機能が低下することは理解できます。
しかし、「認知症」「寝たきり」が歳相応と言えるでしょうか?
どう考えても明らかに、歳相応の枠を超えています。

人間の体は時と場合によって状況に合わせて、あらゆる変化を起こします。
それは、時には熱を上げたり、血圧の増減、咳やくしゃみを出したり、痛みやシビレを出したり、発疹を出したり、血糖値やコレステロール値の増減など、様々です。
これらの反応は悪いことではなく、生命を維持するうえで無くてはならない反応であることは言うまでもありませんangry
しかし、西洋医学というものが日本に入ってきてから、体に起こるこれらの反応を全て「悪」と捉え、薬などによって封じ込めることを治療と称してきましたshock
皆さんは、薬を飲むと何故症状が治まるのか、ご存知ですか?
そもそも、症状というのは、体の免疫機能が働いて、悪い状態から正常な状態に回復させる過程に於いて現れる反応なのですが、薬というのは、免疫機能に作用する為、免疫力を低下させます。すると体は正常な状態に回復出来ない為、回復時に現れるはずの症状も出なくなりますcoldsweats02
これが、薬を飲むと症状が治まる、治った、と勘違いするカラクリですpunch
当然、免疫力が低下するので、病状は長引き、場合によっては悪化します。
勿論、人間なので、つらい症状が有るときは一時的に抑えたい、という気持ちは充分理解できます。
でもこれは、あくまでも一時的なものであって、一生続けるものではありません。
しかし中には、何種類もの薬を何年、何十年と飲み続けている方がいます。
体にとって薬というのは、異物でしかありません。
体内に異物が入ってくると、体は異物を処理する為に、通常の食物を消化する時の何倍もの消化酵素を必要とします。
そのため、体は大量の血液を呼び込む為に、血圧を上昇させます。
しかし、こういう方たちは皆さん病院にかかっているので、血圧が高ければ当然のように降圧剤を処方されています。
無理に血圧を下げれば、必要な血液が送れなくなるので、このままでは異物の処理が出来なくなります。
すると体は次の手を考えます。
それは、四肢体幹の筋肉への血流量を制限して、内臓に血液を回す、ということです。
体が起こす反応というのは、全て生命維持の為です。
筋肉への血流量を制限しても命に関わることはありませんが、内臓への血流が制限されてしまうと命の関わります。
だから体は、このような選択をするのです。
当然、筋肉の血行不良が起きれば、痛みやシビレは勿論、運動機能もどんどん低下し、最終的には寝たきりになりますdespair
勿論、血圧を下げれば、脳も血流不足になる為、うつ病や認知症なる可能性も高くなります。
しかし、認知症に関しては、もう一つ大きな闇があります。
それは、「コレステロール」です。
一般的にコレステロールは、体にとって良くないものとして認識されていますが、実はコレステロールは、あらゆる栄養素の中でも最も必要な栄養素なんです。
殆どの栄養素は外から摂るしかありませんが、コレステロールに限っては、仮に外から摂らなくても、体内で合成する機能を持っています。
それくらい体にとって必要だということだす。体は、害のあるものをわざわざ合成する、などということは絶対にありません。
外から沢山入ってくれば、体内の合成を抑え、少なければ合成量を増やす。このように体は上手く調整しています。
しかも、コレステロールは脳にとって最も必要な成分であることが分かっています。
実は、脳は水分を除くと、なんと60%が脂質で、脂質の70%がコレステロールなんです。
コレステロールは特に、脳と神経系に多く、成人のコレステロール量100g~150gのうち1/4が脳に集中し、神経系全体では1/3強あると言われています。
これは、脳に500億~1兆個もの神経細胞があり、その構成成分としてコレステロールが必要不可欠だからなのです。
多くの国民や医者は、コレステロールを善玉、悪玉に分類しますが、そもそもコレステロールに悪は存在しませんpoutannoy
これほど体(脳、神経)にとって必要なコレステロールを、薬によって無理に下げてしまえば、当然、認知症になり体を動かすことも困難になります。
つまり、認知症も寝たきりも、体質や歳のせいではなく、人工的に作られた状態sign03だということです。pout
人間の体の今在る状態は、皆さんの今日までの生き様の結果でしかありません。
これが分からない限り、本当の健康を手に入れる事は絶対に不可能です。
今一度、このことを頭に叩き込んでくださいthink


共生ことぶき整骨院
埼玉県越谷市蒲生寿町20-33押田ビル1F
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 共生ことぶき整骨院 | 記事URL

2019年8月 8日 木曜日

ヘルニアの術後にうつ病!

先日、超人気お笑い芸人の名倉潤さんが、うつ病の為2ヶ月間の休養をとる、と発表されました。
本当にお忙しい方なので、まずは、ゆっくり休養を摂って頂いて、一日でも早く元気に復帰されることを心から祈っております。
テレビからの情報のみなので、詳しい事情は分かりませんが、一年ほど前に、頚椎ヘルニアの手術を受けたそうです。
それが引き金になったかどうかは分かりませんが、術後の色んなストレスにより、うつ病が発症した、と言われています。
実は、このような方が全国に大勢おられます。
当院にも、頚椎又は腰椎ヘルニアの手術を受けたが全く改善せず(悪化)、結局、術後も痛み止めを飲み続けるも、それでも改善せず、肉体的にも精神的にも追い込まれて、藁にもすがる思いで来院される方が後を立ちませんbearing
しかし、名倉潤さんの場合は、テレビの情報では、経過良好、とされていました。
もし仮に、手術前の症状が手術によって改善したことによる、経過良好、なのであれば、術後のストレスによるうつ病、というのは考えにくいと思いますがthink
病院側は、何を持って、経過良好としているのかsign02そこにも疑問を感じざるを得ませんangry

ここで、医学の基本を皆さんに知っていただきたいので、そもそも論の話をします。
皆さんもよく耳にする、ヘルニア、狭窄症、すべり症、というのは、実は痛みやシビレの原因ではありませんpunch
つまり、神経の紐の部分(軸索)をどんなに圧迫しても、痛みもシビレも出ない、というのは、医学の常識です。
これは、半世紀以上も前に証明されています。
ヘルニアというのは、椎骨の中心にある髄核というゼリー状のクッション材が飛び出して神経を圧迫する、と言われていますが、脊柱管を通っている神経の束は竹のように硬いモノです。そもそも、ゼリーがどうやって竹を圧迫できるのでしょうか??? 今の医者達は、そんなことも分からないのでしょうかsign02shock
もし、神経圧迫があったとすると、麻痺(運動麻痺、知覚麻痺、排尿・排便障害など)が起こることはあります。
それは、神経が圧迫されると、脳への神経伝達が正常に働かなくなる為です。
ではなぜ、痛みやシビレが発生するのかsign02
実は、痛みやシビレを感じ取るのは、神経の先端(神経終末)だけで、神経終末は筋肉(筋膜、骨膜)にしか在りません。
つまり、痛みやシビレを感じる時は、筋肉に何かしらの異常がある、ということになります。
その異常とは、筋緊張(硬結)による血行不良のことです。
痛みやシビレの原因は、これのみですpout
なので、ヘルニア、狭窄症、すべり症、などと診断されて手術を受けた方は、全く必要のない手術を受けたことになります。
当然、手術ということは、筋肉を切る訳ですから、切られた筋肉は必ず癒着を起こします。
癒着した筋肉は、2次的に筋硬結を起こすため、血行不良になり、当然悪化します。bearing
しかし世の中には、手術を受けて改善した、という方もおられます。
神経圧迫が、痛みやシビレと関係ないのならば、なぜ術後に改善する方がいるのかsign02
大きな手術をする際に、必ず、筋弛緩剤というものを使います。これは筋肉を緩めて切りやすくする為です。
つまり、痛みやシビレの原因となってた筋肉が、筋弛緩剤によって偶然柔らかくなったことにより一時的に症状が改善したというだけで、結局、個人差はあるものの、1ヶ月~3年前後で、殆どの方が再発しています。bearing
最近では、ヘルニア、狭窄症、すべり症が、痛みやシビレの原因ではないことが、国民にバレてきたので、手術をする病院は、昔よりも減りました。think
それでも今なお、犠牲者は増え続けています。poutannoy
名倉潤さんも、残念ながら、その一人と言わざるを得ませんthinksweat02
うつ病というのは、実は正式名称があって、「前頭葉低体温症」と言います。
つまり、前頭葉への血流不足が原因で、うつ病が発症しているということです。
名倉潤の場合は、勿論、症状が改善しないことによる精神的な要因もあると思いますが、手術や投薬などにより血行不良が生じるという物理的な要因の方が可能性が高いと思われます。
少し前に、ある大学病院の医師が、ヘルニアで痛みやシビレが出ないことを知りながら手術をした、ということで患者から訴えられ、医師が謝罪する、という記事が関西の新聞に載っていました。 確かに、やってしまった事は罪ですが、この医師は、自分の非を認め謝罪しただけ、まだ救いの余地があります。
私は、救急医療を除き、手術を執刀した全ての医師又は病院は、患者とその家族全員に、間違いや嘘を認め謝罪すべきだと思います。
私は現代医学の全てを批判している訳では在りません。正しいことは正しい、間違いは間違い、と言っているだけです。
現代医学が今後も今の体制を変えないのであれば、あとは国民がこれまで以上に厳しい目を持って、正しい選択をしていくしかありません。
これだけの情報の世の中です。
後になって、「知りませんでしたsign01」は、もはや通用しませんthink
日本の皆さんが、正しい選択をし、後悔のない楽しい人生を歩まれることを心から祈っておりますconfident


共生ことぶき整骨院
埼玉県越谷市蒲生寿町20-33押田ビル1F
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 共生ことぶき整骨院 | 記事URL

2019年7月31日 水曜日

現代医療最大の闇「癌」!!

過去のブログで何度も言っていますが、何度でも言います。
体は絶対に間違ったことはしないrocksign03
現在では、国民の2人に1人が「癌」などと言われ、定期的に検診を受けている人が増えていますangry
でも、あえて言います。
この世に、癌じゃないという人は存在しませんangry
皆さんも一度は聞いた事があるかと思いますが、人間の体には、数100万~数億の癌が存在し、毎日5000個前後の癌が出来ていると言われています。
だから人間は生きていられるのですrock
人間の体は、健康的に生きる為に、36.5~37℃前後の体温をキープしようとします。
しかし、体にとって過酷な生き方(仕事、家庭、暴飲暴食、投薬等による精神的、肉体的ストレス)が続くと、体は低体温になり、あらゆる機能が著しく低下しますbearingsweat01
人間の体は常に老廃物(古くなった細胞、食物の消化したカス、不必要な物など)を排出し、新しい細胞を作るということ(新陳代謝)を繰り返しています。
しかし、本来の機能が低下すると、老廃物の排出ができなくなり、新しい細胞が作れなくなります。
人間の体は、老廃物の排出と細胞を作る、という行為は、同時進行では出来ません。
つまり建築と同じです。
古くなった建物を取り壊してキレイな更地にしてから新しい家を建てるのは当たり前です。
まさか、ゴミ処理をせずに新築を建てる業者はいないと思います。
体の仕組みも、同じだということが言えます。
もし、老廃物が排出できず新しい細胞が作れなければ、人間はたちまち死んでしまいます。
しかし、そんなに簡単に死ぬ訳にはいきませんpout
そこで体は、低体温の時に活発に動く細胞を蘇らせます。実は、それこそが「癌細胞」なのです。
健康な人の場合、老廃物や過剰に摂取した栄養素が多くなると、それを処理するのが白血球です。
白血球は、外から入ってきた菌やウイルスをやっつける免疫細胞として知られていますが、実は免疫としての仕事は、ついでにやっている程度なんです。
白血球の第一の仕事は、老廃物や有害物質の処理と、細胞を作ることです。
しかし、白血球が処理出来ない程の老廃物や有害物質が溜まってくると、体は発疹や炎症などの反応を起こして処理しようとします。
これらの反応は現代医学では病気と判断され、その反応を押さえ込む治療が行われます。
すると体は、汚れた血液を浄化するための最終手段として「癌」を発生させます。
つまり「癌細胞」は、掃除の専門業者ということが言えます。
癌は、人を殺すためではなく、人を生かすために出てくるのです。
癌が、汚れた血液をキレイに掃除してくれることによって、新しい細胞を作る為の下準備をしてくれます。
実は、これが非常に大事な工程なんです。
しかし、癌にできる仕事はここまでです。細胞を作るという仕事は癌には出来ません。
あくまでも、細胞を作るのは、白血球です。
あとは人間が、深呼吸をして酸素を沢山取り込んだり、体をゆっくり休めて体温を上げたりして、白血球の機能を回復させてあげれば、新陳代謝が活発になり新しい細胞が作られる訳です。
しかし、低体温のまま白血球の機能が回復せず、新しい細胞が作られなければ、体はどんどん痩せていき、最終的には死んでしまいます。
現代医学は、これほど人間の為に頑張って大事な仕事をしている「癌」を悪者にし目の敵して、毒殺し、焼き殺し、切り取ろうとします。
結果は、どうでしょうか?
しつこいようですが、もう一度いいます。
体は絶対に間違ったことはしないangry 癌は人を殺さない。
人を殺すのは、自分自身、あなた自身の間違った認識、行いです。
現代医学が一日も早く、この深い闇地獄から抜け出せる日が来ることを祈っています。


共生ことぶき整骨院
埼玉県越谷市蒲生寿町20-33押田ビル1F
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 共生ことぶき整骨院 | 記事URL

2019年7月29日 月曜日

闇シリーズ「人工透析」!

人工透析とは、低下した腎機能の代わりに、器械によって血液のろ過や老廃物のコントロールをする治療法です。
腎臓は機能を維持するために、大量の血液を必要とします。
心臓が一回の拍動で送り出される血液の4分の1が送られ、約150~180リットルもの原尿が作られます。
そして、糸球体で何度もろ過を繰り返し尿の再吸収して、最終的に1~1.8リットルの尿として排出されます。
さまざまな原因により腎臓の機能が低下した状態を「腎不全」と言いますが、腎不全には急性と慢性があります。
ここで言う、さまざまな原因とは一言で言うと「ストレス」のことです。
つまり、急激に大きなストレスを受けたか、持続的にストレスを受けたか、の違いというだけです。
人間は、急激な又は持続的なストレスを受けると、血流量が低下して低体温になり、あらゆる機能が低下します。
腎臓も当然その影響を受けます。腎臓の働きが悪くなると、蛋白尿とか頻尿という現象が起きます。
すると腎臓は、ほかの臓器にはない自前の装置(レニン‐アンギオテンシン系)によって、血圧を上昇させ大量の血液を呼び込み機能を回復させようとします。
これを「腎性高血圧」と言います。
腎性高血圧は通常の高血圧とは違い、250~300前後という、普通の血圧計では測定できないほど上昇します。
他の臓器は、機能が低下しても、じっと耐えて回復を待つしかないのですが、唯一、腎臓に限っては機能低下は、死に直結する可能性が非常に高くなります。
つまり、腎性高血圧とは、死を回避するための最高の免疫システムと言えます。
しかし、専門医にかかると、まず治療としてやることが、利尿剤と降圧剤の投与です。
尿の出が悪いということで利尿剤を投与すると、尿の再吸収が出来なくなり強引に尿を排出させます。
すると体は極度の脱水状態になり血液濃度が高くなって、血液循環が極度に低下します。
さらに追い討ちをかけるように、降圧剤によって血流量を低下させ、腎臓にとって必要な血液量が全く届かなくなります。
このような治療を一ヶ月も続けていれば当然、腎機能はストップする為、人工透析にせざるを得なくなります。
今から約17年前は、人工透析の患者数が約10万人でした。当時、透析の増加人数が年に1万人と言われていたので、単純に計算すると現在は27万人位かと思いきや、既に40万人を超えています。
もし、腎臓治療が進歩しているのなら、増加人数が1万人から5000人に減ったというのであれば納得できますが、逆に、2万人規模で増えている現状を見て、これで進歩と言えるのでしょうか??
世界の透析患者数が約100万人と言われている中で、日本国内だけで約半数近くをしめているというのは、誰が考えても異常です。
何度も言いますが、人間の体は、絶対に間違ったことはしないsign01
我々医療従事者が本来やるべきことは、人間に元々備わっている機能回復システムをストップさせることではなく、手助けすることgood
これが分からない限り、現代医学は、治せない、という深みにどんどんハマり、蟻地獄から抜け出せなくなります。bearing
今の医学に必要なのは、技術の進歩ではなく、考え方の方向転換です。

共生ことぶき整骨院
埼玉県越谷市蒲生寿町20-33押田ビル1F
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 共生ことぶき整骨院 | 記事URL

2019年7月26日 金曜日

美と健康は腸で決まる!

とにかく当院には、ケガや痛みに関わらず様々な症状を抱えた方が多く来院されるcoldsweats01
内科的なものから皮膚の問題、アレルギー、ウイルス感染、脳(うつ病、パーキンソン、認知症など)、とまぁ数え上げたらキリがないhappy02
それにしても世の中、病気で溢れかえっているbearing
何故これ程までに病人が増え続けるのかsign02
現代医学は、日進月歩で進歩していると言われているthink
もしそれが事実ならば、病人は減るはずなんだがsweat02
当院に来院される、様々な病気で悩む方達に対して、それぞれの病気を治療する、ということは当然行わないし、そんな行為は何の意味もないangryannoy
なぜなら、殆どの方が、結果として出た症状を病気と思い込んでるからsign01
だから、殆どの方が、症状が消えれば病気が治った、と勘違いしてしまうcoldsweats02
実は、これが悪化の原因ですpout
皆さんが、病気と思い込んでるのは単なる結果に過ぎませんsign01
結果には必ず原因があります。つまり、結果だけ無かったことにしても、原因が残っていれば悪化するのは当然です。
体は絶対に間違った反応はしませんpout
例えば、包丁を使っている時に過って指を切ってしまったとします。当然痛いです。bearing
これは、「切った」という原因があったから「痛み」という結果が出てるだけです。
では、「痛い」というのは病気ですか?
「痛い」というのは正常な反応であって、異常ではないということですthink
もし仮に、痛みが無かったとしたら、それこそ病気ですwobbly
つまり、皆さんの体に起こる様々な症状は、起こるべくして起こった正常な反応だということです。
しかも、その原因を作っているのは殆どの場合、自分自身だという事を忘れてはいけませんangry
長年生きていれば人間は様々なストレスを受けますsad
仕事、家庭、人間関係、暴飲暴食(添加物、合成化合物、防腐剤、遺伝子組み換え など)、体は色んな影響を受けています。
その影響を真っ先に受けるのが、実は「腸」なんです。
腸は、免疫が集中していて、老廃物を排出し、血液を作り出している最も重要な器官であることは言うまでもありません。(腸管造血説)
当然、腸の機能が低下すれば、老廃物は滞り、正常に血液が作れなくなり、体はどんどん壊れていきます。coldsweats02
体に出てくる様々な症状の原因は「腸の機能低下」と言っても過言ではありませんsign01
健康でい続けられるかどうかは、腸が常に元気でいられるかどうかにかかっています。run
なので当院は、(ケガを除く)どのような症状でも、まず腸の状態を必ずチェックし、機能低下が認められれば(殆ど低下している)そこから施術に入りますgood
腸の機能が回復すれば殆どの症状は、結果として消えていきます。happy01
何度も言いますが、私は個別に病気の治療は一切行いません。
体というのは難しいようで、それ程難しくありません。
難しくしているのは、皆さんの間違った常識であり、生活習慣であり、逃れることの出来ないこの国の仕組みにありますthink
どんなに、体はシンプルだとは言っても、考え方や生活スタイルを変えることができなければ、何一つ改善しませんdespair
皆さんの今ある状態は、これまでの生き方の結果に過ぎません。
人生を明るく楽しく元気に過ごせるかどうかは、良い病院を見つけることよりも先ず、自分自身を見直すことsign01
勿論、これだけだはありませんが、これが分かっただけでも本当の意味での健康への道が開いていきますhappy01

埼玉県越谷市蒲生寿町20-33
共生ことぶき整骨院院長 (魂の叫び)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 共生ことぶき整骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

【受付時間】
9:00~12:30
15:00~19:30
※土曜日は13:30まで

お問い合わせ 詳しくはこちら