ホーム > スポーツ外傷

スポーツ障害・外傷

スポーツ障害

野球

スポーツにより、同じ部位に繰り返し、外力が加わることによって(オーバーワーク)、徐々に組織が破壊され、痛みが出てくるものがスポーツ障害です。

主な障害例/野球肘(肩)、テニス肘、ランナー膝、ジャンパーニー(バレーボール、バスケットなどジャンプが多いスポーツ選手に多い膝の障害)など

治療方法
施術中

テーピング:痛みの部位の固定、サポート
微弱電流:細胞の修復能力を高め、治りを早める
手技:体の深部の筋肉まで柔らかくします

必ずしも痛いところが施術ポイントとは限りません。痛みの原因は(怪我を除き)殆どが筋肉の緊張なので、痛みが発生している場所と関連のある筋肉を特定し、緊張している箇所を徹底的に緩めていきます。
筋肉を深部まで緩めることが出来れば、痛みが消失することは勿論、パフォーマンスも大幅にupします。
肉離れや捻挫など比較的大きな怪我をして長期間まともなトレーニングが出来なかったとしても、当院の施術を受けることで、筋力や体力の低下を最小限に防ぐことができ、復帰した際に、これまでのブランクを殆ど感じさせないほど早くハードメニューをこなせるようになります。
スポーツ外傷治療の大きな決め手は、最短で怪我を治し、最短で競技に完全復帰させる、そしてもう一つ大事なことは、怪我をする前よりもパフォーマンスを上げること!これに尽きます。
勿論、怪我はしないに越したことはありませんが、怪我がきっかけで、じっくり体や競技のことを見つめ直し、筋肉の正しい動かし方や構造を学び、これまでよりも怪我をしにくい体を手に入れ、大幅にパフォーマンス向上を実現したスポーツ選手は大勢おられます。
また、当院には、怪我はしていなくてもパフォーマンス向上の為に、多くのスポーツ選手が来院されます。
殆どのスポーツは、競技の特性上、片寄った動きをするものが多いため、筋肉のバランスが悪くなり、痛みが発症してしまうケースも考えられます。肩が痛い、肘が痛い、膝が痛い、腰が痛いなど、どんな場合でも、全身のバランスをチェックして、適切な調整、治療をします。
体のメンテナンスを抜きにして、強豪ひしめく競技の中で勝ち抜くことは絶対に有り得ません。

スポーツ外傷

骨折/脱臼/打撲/捻挫/挫傷(肉離れ)
とにかく、最短で完治、最短で完全復帰する為に、最も最適な方法で、みなさんの目標達成に導くお手伝いをさせて頂きます。
怪我を早く治す、というのは治療院にとっては当たり前のことです。それ以上に大事なのが、筋力やパフォーマンスをいかに維持しつつ治せるか、ということと、いかに怪我をしにくい体を作り上げるか!そして、更なるパフォーマンス大幅up!!
ここまでが当院の仕事です。
あとは、みなさんの決断次第です。
アクセス


大きな地図で見る

【受付時間】
9:00~12:30
15:00~19:30
※土曜日は13:30まで

お問い合わせ 詳しくはこちら